• サービス紹介
    保険をコスパという観点で手軽にチェックできる「Hospa」
    2017年3月22日
  • インタビュー
    【マネーフォワード】瀧氏が構想するFintechが実現する未来とは
    2016年6月19日
  • サービス紹介
    スマホで写真を送るだけ?注目のInsurtechスタートアップCover
    2016年6月12日
  • ニュース
    知ってた?あの大企業もFintech参入を検討
    2016年6月15日
ロボアドバイザー

ロボアドバイザーとは

証券会社の窓口にいかねば、よくわからなかった資産運用。
日本では投資信託の銀行窓口販売が、規制緩和により解禁になってから
少し身近となり、日本版NISAの解禁で、投資信託の存在を知った人も増えたかと思います。

とはいえ、ETF?投資信託?個別株??という状況の方がまだ多い日本。
元本割れリスクもあることから、せっかくの貯金が失われてしまうことを恐れ
リターンを追求できない方々も多くいらっしゃるでしょう。

ロボアドバイザリーサービスを展開するスタートアップは
そんな、金融機関だけのものであった投資をわかりやすく、を
コンセプトに立ち上がったところが中心となっています。

Fintechにおけるロボアドバイザー

主に2つのフェーズにわかれます。

(1)おすすめ商品をレコメンド
最初は、10前後の質問に回答することで、その人の嗜好にあった商品を提示するフェーズ。
既存の投資信託やETF(上場投資信託)の中からおすすめを表示するものもありますが、
もう少し進化したものの中では、国内外などを組み合わせて提示するものも。

まだ、為替、債券、株など複数の商品を組み合わせたものは難しくなっていますが、
今後は金融機関のアドバイザーがそれらのFintechサービスを用いて
複合的な提案を行っていくことも考えられます。

(2)運用アルゴリズムを構築
次に、運用するアルゴリズムを構築するフェーズ。

自分のポートフォリオは過去どのようなパフォーマンスだったのか、
足元の市況が続けば今後どのようなパフォーマンスになるのか、
ポートフォリオの割合を変えたらパフォーマンスにどのような影響があるのか…

そういった分析は、特に金融以外の方にとっては難しく感じられがちですが、
ここを、わかりやすくしようとするサービスの開発も進んでいます。

ロボアドバイザーサービス

米:Personal Capital
元PaypalのCEOが設立。90万人の資産運用に助言しています。

米:Wealth front
大型資金調達で注目を集めました。主に若い層を中心に20億円超規模を集めています。

米:betterment
投信大手のFedilityとも提携を発表したBetterment。

日:お金のデザイン
同社の提供する「THEO」では、10万円から国内外のETF投資のポートフォリオが組めます。
9つの質問に答えることで、最適なプランが提案されます。

日:Wealth Navi
現在、招待制となっているwealth navi。
こちらもETFで運用します。100万円から。

日:Folio
「資産運用をバリアフリーに」を掲げる同社。現在準備中です。

日:みずほ銀行「Smart Folio」
みずほ銀行がMorning Starと提携して展開するサービス。
年齢や年収などの質問に答えて、投資信託のポートフォリオを提示します。

日:Capitalico
アメリカのデラウェアにAlpacaDBという法人を立ち上げた日本人チームが展開するサービス。
金融アルゴリズムの分析を行います。

関連記事

http://fintech-media.com/column/japanandus_roboad ‎

http://fintech-media.com/news/nomura_robo

http://fintech-media.com/column/dc-robot1

http://fintech-media.com/column/dc-robot2

関連キーワード
Fintechの種類の関連記事
  • ソーシャルレンディング
  • ロボアドバイザー
  • 与信管理
おすすめの記事
Fintechとは
Fintechとは
Fintechとは Fintechとは、「Finance(金融)」と「Technology(技術)」を掛け合わせた造語です。 金融におけるI...