• サービス紹介
    スマホで写真を送るだけ?注目のInsurtechスタートアップCover
    2016年6月12日
  • インタビュー
    【マネーフォワード】瀧氏が構想するFintechが実現する未来とは
    2016年6月19日
  • ニュース
    知ってた?あの大企業もFintech参入を検討
    2016年6月15日
  • サービス紹介
    保険をコスパという観点で手軽にチェックできる「Hospa」
    2017年3月22日
ビットコインで世界中から融資を受けられるサービス、「BTCjam」

「今や仮想通貨で世界中から融資を受けることができる」
そんな話を10年前の人々に伝えたらきっと驚かれるだろう。
BTCjamはそんな夢のようなサービスだ。

Sign up - BTCJam

BTCjamはオンライン上で貸し借りができる、いわゆるソーシャルレンディングサービス。
更に、日本では少ないP2P型(ファンドではなく、直接お金の貸し借りをする形)だ。
つまり投資家としても、世界中の人にビットコインを使って投資をすることができるサービスだ。

 

短期間、少額のローンも可能

借りる機能は至ってシンプル。
目的金額(ビットコイン)期間を入力すれば簡単にレートが出てくる。
rate借りる期間も1ヶ月からと、非常に短期のローンを行うことができる。
span

14%にも及ぶ高利率の「投資」

投資のパターンも何種類かあり、自動投資と手動で選択し投資と分かれている。
自動投資では「控えめ」「お手頃」「アグレッシブ」の3パターンから選ぶことができる。
そしてアグレッシブの場合、なんと14.24%もの利率が期待できる。

但し、当然リスクはある為、実際に投資をされる際は注意して欲しい。
P2P型の為、返してくれない人がいたという話もよく聞く。

そういったリスクを軽減する為、BTCJAM RATINGと呼ばれる独自の評価システムを持っている。

 

 

このBTCjam、500 Startups出身で2014年の12月に610万ドルもの資金調達を行っている。
競合としてはLoanbase(かつてのBitLendingClub)などがいる。
両者の比較、P2P型のメリットなどはまたの機会にご紹介したい。

Loanbase: Bitcoin Lending Done Right

関連キーワード
  • 保険をコスパという観点で手軽にチェックできる「Hospa」
  • 割り勘もチャットbotにお任せ?Lydiaによるチャット送金
  • スマホで写真を送るだけ?注目のInsurtechスタートアップCover
  • 上場間近?!SNS決済の黒船、LINEのFintech
  • ロンドンのベンチャーキャピタル6選
  • 日本の禅から生まれた!?ビッグデータによる株式市場分析サービス「Kensho」
おすすめの記事
上場間近?!SNS決済の黒船、LINEのFintech
サービス紹介
上場に向かうLINE 複数メディアが、無料メッセージアプリを主軸に展開するLINEの上場を報じている。 東京証券取引所での上場が認可され、今...
Fintechイベント
Fintechとは
金融機関のみならず、IT業界やスタートアップ界隈にも注目されるようになってきた 「Fintech」というワード。 最近では様々な団体で、Fi...
Fintech Mediaとは
このサイトについて
Fintech Mediaはどういうメディアか Fintech Mediaは国内外のFintech(金融とITによるスタートアップ)情報をま...