• インタビュー
    【マネーフォワード】瀧氏が構想するFintechが実現する未来とは
    2016年6月19日
  • サービス紹介
    保険をコスパという観点で手軽にチェックできる「Hospa」
    2017年3月22日
  • ニュース
    知ってた?あの大企業もFintech参入を検討
    2016年6月15日
  • サービス紹介
    スマホで写真を送るだけ?注目のInsurtechスタートアップCover
    2016年6月12日
野村アセットマネジメントがロボアドサービスを開始

野村系列の運用会社、野村アセットマネジメントが、
インデックスファンドシリーズの「Funds-i」にて
通称ロボットアドバイザーと呼ばれるサポートツール、
「Funds Robo」の導入を2016年4月28日より開始した。

nomura2

ロボットアドバイザーというと、運用の全てを人工知能が行うイメージがあるが、
現状はいくつかのフェーズに分かれる。

ユーザーの投資性向を分析し、適したファンドを表示するもの、
投資のアルゴリズムをシステム化するものなどだ。

同社は、「投資スタイル分析」「金融電卓」などのサービスを提供してきたが、
今回の「Funds Robo」では、購入するものの選別が難しく感じるユーザに対し
計21パターンにもわたるポートフォリオの提示まで行う。

開始1週間で約2,000件のアクセスがあったとのこと。
インデックスファンドの人気を牽引すべく、今後もユーザ目線のサービス提供に力を入れる。

ニュース, 投資の関連記事
  • 「いつの間にか貯金」サービスのfinbeeがサービス提供開始!
  • 個人間無料送金サービスKyashが2017年にサービス公開へ!
  • 【プレスリリース】Fintech概要とトレンドに関する『特別説明会』
  • 【プレスリリース】ロードスターキャピタルとスマートアイデアが資本・業務提携!
  • 知ってた?あの大企業もFintech参入を検討
  • Apple、WWDC2016においてApple PayのWeb決済機能を発表!
おすすめの記事
ロボアドバイザー
Fintechの種類
ロボアドバイザーとは 証券会社の窓口にいかねば、よくわからなかった資産運用。 日本では投資信託の銀行窓口販売が、規制緩和により解禁になってか...