• サービス紹介
    保険をコスパという観点で手軽にチェックできる「Hospa」
    2017年3月22日
  • ニュース
    知ってた?あの大企業もFintech参入を検討
    2016年6月15日
  • インタビュー
    【マネーフォワード】瀧氏が構想するFintechが実現する未来とは
    2016年6月19日
  • サービス紹介
    スマホで写真を送るだけ?注目のInsurtechスタートアップCover
    2016年6月12日
「いつの間にか貯金」サービスのfinbeeがサービス提供開始!

先日、お釣り投資に関する記事を公開したが、今度はお釣り貯金のサービスがリリースとなった。

それが株式会社ネストエッグによるfinbeeだ。

finbee [フィンビー] | 自動貯金サービス

貯金をもっと楽しく、カンタンに。finbeeは、日本初の銀行口座と連動した自動貯金サービス。

finbeeの特徴は、Acornsトラノコのようなカード決済のお釣りを使って貯金に回すだけでない。

すべての人を投資家に - TORANOTEC(トラノテック)株式会社

TORANOTEC株式会社は、高度なテクノロジーを駆使し、 資産運用子会社のサービスを通して 「貯蓄から投資へ」の一歩先、「消費から投資へ」を実現することで、 投資が誰にとっても身近なものである世界を目指しています。

小銭を集めて賢く投資するサービス、Acorns | Fintech Media

毎日買い物などで貯まるお釣りをどうしているだろうか。 店舗に備え付けの募金箱に募金する、とりあえず貯金箱に貯めておくなど、あるいはそのまま財布に残し少しづつ使っていく人が多いだろう。 普段投資をしない人でも、この端数を集め勝手に賢く運用してくれるサービスがあれば、使ってみたい人は多いのではないだろうか。 ...

 
毎月自動で積立てて貯金をすることも可能だ。

また、ユニークなものとして歩数貯金というものがある。
これは、決まった歩数を歩いたら、もしくは歩かなかったら貯金するというものだ。

仲間同士で貯金をシェアしながら行うなど、「貯金をもっと楽しく、カンタンに」をテーマにしたサービスのようだ。

 

銀行口座と連携した自動貯金サービスは日本初となる。
「お釣り投資」と同じように「いつの間にか貯金」も2017年広まるのだろうか。

ロボアドバイザー・決済フィーバーとも言えた2016年のFintechだが、こうした受動的なサービスが2017年はブームになるかもしれない。

 

ニュースの関連記事
  • 「いつの間にか貯金」サービスのfinbeeがサービス提供開始!
  • 個人間無料送金サービスKyashが2017年にサービス公開へ!
  • 【プレスリリース】Fintech概要とトレンドに関する『特別説明会』
  • 【プレスリリース】ロードスターキャピタルとスマートアイデアが資本・業務提携!
  • 知ってた?あの大企業もFintech参入を検討
  • Apple、WWDC2016においてApple PayのWeb決済機能を発表!
おすすめの記事