• インタビュー
    【マネーフォワード】瀧氏が構想するFintechが実現する未来とは
    2016年6月19日
  • サービス紹介
    保険をコスパという観点で手軽にチェックできる「Hospa」
    2017年3月22日
  • ニュース
    知ってた?あの大企業もFintech参入を検討
    2016年6月15日
  • サービス紹介
    スマホで写真を送るだけ?注目のInsurtechスタートアップCover
    2016年6月12日
CAMPFIREが目標額に達成しなくても資金を受け取ることができる「All-In」をリリース!

クラウドファンディングにおいてよく問題になるのが、目標の資金を達成できずプロジェクトが終わってしまうことだ。
せっかく支援者がいるにも関わらずプロジェクトが終わってしまうことは非常にもったいない。

CAMPFIREを運営する株式会社CAMPFIREは本日3月3日、目標の達成有無に関わらず資金を受け取ることができる「All-In」の仕組みをリリースした。
また、合わせてプロジェクト掲載にあたっての審査基準を緩和し、より必要最低限の審査でプロジェクトを掲載することを可能にした。

目標金額を達成しなくても資金を受け取ることができる「All-In」の仕組みをリリースしました【CAMPFIRE mag.】

このAll-Inの仕組みによって、クリエイターはより積極的にプロジェクトをCAMPFIREに掲載しやすくなり、パトロン(出資者)も出資しやすくなる。
また、CAMPFIRE側が審査基準を緩和することで、よりクリエイターがプロジェクトを開始しやすくもなるだろう。

実はこのAll-Inという仕組み、海外ではFlexible Fundingと呼ばれ、Indiegogoなどで採用されている。

Indiegogo: The Largest Global Crowdfunding & Fundraising Site Online

もちろん、従来型の目標金額を達成した場合のみお金を受け取れる「All-or-Nothing」も選ぶことができる。それでもAll-Inの選択肢が増えたことはクリエイター、パトロン双方にとって大きい。

2月17日には手数料を20%から5%へ引き下げを行ったCAMPFIRE。
クリエイターとプロジェクトをこれらの大規模な施策でどこまで増やしていくだろうか。期待したい。

関連キーワード
  • 知ってる?日本の主要クラウドファンディング6選
  • 起業支援のStartup weekend、熊本での開催にクラウドファンディングを活用
  • クラウドファンディングのCAMPFIRE、熊本復興支援へ
  • オンライン決済サービスPaidy、クラウドファンディングFAAVOで利用可能に!
  • CAMPFIREが目標額に達成しなくても資金を受け取ることができる「All-In」をリリース!
  • アイムインが切り開くフレンドファンディングの未来
おすすめの記事