• サービス紹介
    スマホで写真を送るだけ?注目のInsurtechスタートアップCover
    2016年6月12日
  • ニュース
    知ってた?あの大企業もFintech参入を検討
    2016年6月15日
  • サービス紹介
    保険をコスパという観点で手軽にチェックできる「Hospa」
    2017年3月22日
  • インタビュー
    【マネーフォワード】瀧氏が構想するFintechが実現する未来とは
    2016年6月19日
Fintechは新興国投資を選択肢に入れる「魔法の杖」

3月31日に東京都中央区の茅場町で開催された「第二回資産運用 Fintech勉強会」

ロボアド投資信託を行うロボット投信が主催となり、
ソーシャルレンディングを行うクラウドクレジットも登壇。

crowd1

「こんな時代だからこそ新興国投資」をテーマに行われた。
日本の「金融」の中心地である兜町が近いこともあり、
参加者は個人投資家というよりもスーツ姿のビジネスマンが目立つ。
登壇講師も「参加者には金融の方が多い」と離されていたので、申込者の傾向があるのだろう。

勉強会は3部構成。
第1部は、「国際分散投資が求められる理由とそのリスク~IMF発表データと
各種インデックス騰落率を元に考察」をテーマに
ロボット投信株式会社の野口哲代表が登壇。

先日日経のFintechイベントが同じ場所で開催され、成功裏に終わったという。
Fintech熱は着実に市場に、世の中に広がっている。
ここで野口代表はある数字を出す。
現在の個人金融資産は1,741兆円。
そのうち株式は169兆円、投信96兆円と比較し、現金預金は902兆円という圧倒的な数字。
日本人の「現金志向」を顕著に映し出すデータだ。

野口代表は隣席のクラウドクレジット株式会社杉山智行代表取締役に、
「なぜ投資は広がらないのか」と問いかける。

日本の金融や証券の世界に触れた経験のある者なら、
一度は考えたであろう普遍的なテーマだ。
「ネット系・独立系」の黎明時には注目こそ浴びたものの、現在は撤退した会社も多い。
野口代表はひとつの見解として、「日本人のリテラシー」を取り上げた。

ただ代表は「日本人のリテラシーのため広がらない」ということには懐疑的で、
引き続き啓発活動を続けていくと力をこめていた。

続いて登壇したクラウドクレジット杉山社長。
33歳、新進気鋭の経営者だ。
Fintechビジネスの持つ可能性は、経営者の「嗅覚」を刺激するのだろう。

杉山社長のテーマは「新興国市場とソーシャルレンディング~超過収益を狙う新たなフロンティア」。
ROE値と金利水準が先進国と比べて桁違いに高く、
比例して投資が「化ける」可能性の高い新興国市場について解説する。

既存の証券会社は、新興国投資を国ベースで見たときに、
欧米に比べ市場規模が小さいため、「参入」しにくい。
そこで活躍が期待されるのが「ソーシャルレンディング」がある。

レンディング(投資)時代はアメリカが先頭に市場でも存在感を放ってきたが、
ソーシャルレンディングはよりミクロな市場で、資金の貸し手と借り手を繋げる。

最近は「クラウドファンディング」と同意義に使われることの多い言葉だが、
今後は「社会性の高い投資スキーム」をソーシャルレンディングと定義化されていくのかもしれない。

杉山社長は、「ソーシャルレンディングの神髄は『借り手の金利を下げて
貸し手の金利を上げること』と力説する。
これからはミッシングミドルと呼ばれる、
銀行とマイクロファイナンス世帯のあいだに浸透していくだろう。

新興国投資は「富裕層向けのリスクの高い投資」の印象が強いが、
レンダ―(個人投資家)の1人あたり投資金額はなんと約90万円。
平均年収は約300万円から約1,000万円と幅広く、会社勤めも多い。

杉山社長は最後に、お勧めの新興国として「ペルー」と「カメルーン」をあげた。

ペルーへの投資を勧めるポイントはファンダメンダルズが良いこと。
期待を持てる経済のうえ、財政出動の可能性も高い。
日本からすれば羨ましい話だ。

一方のカメルーンは格付けこそ「シングルB」前後が多いものの、実物資産との距離感が魅力。
カントリーリスクに対する不安はあるが、
いまや「新興国だからリスクが高い」というのは単純すぎるのかもしれない。

新興国投資は諸手をあげて勧められる材料ではない。
そのなかでリスクを少なくするのは、今回のような勉強会に参加して、知識を増やすことだろう。

Fintechは新興国投資を選択肢にする「魔法の杖」。
Fintech注目の流れに乗って、たくさんの資金の融資先となる前に、
先行者利益を確保したいところである。

イベント, 投資の関連記事
  • Trend Note Camp #6 インドのFinTech レポート
  • ”今さら聞けないFintech"セミナー、開催!
  • ビットコインに注目する人が集まるイベント、知ってる?
  • FinTech Innovation Awards 2016の最優秀賞はClear Scoreに!
  • グロービス堀氏率いるG1、G1ベンチャー2016を開催
  • みずほ銀行がPepperハッカソン「MIZUHO.hack」を開催
おすすめの記事
クラウドファンディングとは
クラウドファンディング特集
クラウドファンディングとは Crowd=群衆、Funding=資金調達からなる、 不特定多数の人から、特定の目的のために資金を集める仕組みを...