• サービス紹介
    保険をコスパという観点で手軽にチェックできる「Hospa」
    2017年3月22日
  • ニュース
    知ってた?あの大企業もFintech参入を検討
    2016年6月15日
  • サービス紹介
    スマホで写真を送るだけ?注目のInsurtechスタートアップCover
    2016年6月12日
  • インタビュー
    【マネーフォワード】瀧氏が構想するFintechが実現する未来とは
    2016年6月19日
マネックス証券、松本大氏が語る『起業 に必要なもの』

3月1日(火)、Finolabにて、マネックスグループマネックスベンチャーズ、Finolab3社の共同で「The FinTech Nights 新たな金融の改革者達へ」というイベントが開催された。
イベントはマネックスグループCEOの松本大氏、ユーザーベース代表梅田優祐氏の講演、そしてディスカッションと3部構成。
Finolaboが起業の為のスペースということもあり、起業の為の話が中心となった。

2部 ユーザーベース梅田氏が辿り着いたエンジニアマネジメント。みんなのイマジネーションで勝つ

数十億円を捨ててでもインターネット × 金融の未来にかけた

matumoto
マネックス証券の松本氏は元々、ゴールドマン・サックス証券出身。
30歳で同社の最年少パートナー(共同経営者)に就任する。
当時は起業意識が無かったという松本氏だったが、インターネットの登場で大きく変わる。
インターネットにより大きくビジネスが変わる、特に物質的なもののやり取りが発生しない金融業界は大きな変革期が来るだろうと松本氏は確信。
社内に提案したものの降りなかった為、自ら事業を興すことになる。

しかし、当時(1998年)はゴールドマン・サックスは上場前。
当時保持していた未公開株は数十億円分。
それでも松本氏はインターネットの未来に可能性を感じ、退職しマネックス証券を立ち上げた。

起業にはタイミングが重要

matu2

何故このタイミングで起業をしたのか。
インターネットの可能性を感じたことだけが理由ではないという。

実は1998年に新規証券会社の設立が免許制だったものが登録制へ変更となった。
さらに翌年1999年には株式取引の売買手数料が完全自由化されることとなった。
こうした規制緩和が松本氏の起業を後押しした。
「やる以上は今辞めるしかない」と考え退職し、マネックス証券を立ち上げた。

株の手数料自由化、証券各社に痛手 原点に返る(2) データで読む
参考:日本経済新聞

どのビジネスであっても始めるタイミングは非常に重要だ。
2部で紹介するユーザーベース梅田氏も、スマートフォンの台頭を目の当たりにし、ここだと思いNewsPicksをリリースし成功したという。
2部 ユーザーベース梅田氏が学んだエンジニアマネジメント。みんなのイマジネーションで勝つ方法!

継続することで変化が生まれる

自分が素晴らしいビジネスアイデアを考えたとき、これはどこにもない唯一のものと考えてしまっていないだろうか。
何かアイデアを考えた際、自分より確実に優秀な人が既に考えていたと思ったほうが良いと松本氏は語った。
大切なのはアイデアではなく続けること、そして続ける為にチームを作り組織を作り先へ進むことが重要だという。

今でも松本氏は全社員に毎日メールを送り続けている。
一見、どれくらいの効果があるかわらないこの習慣だが、コミュニケーションを取ることで実際に社員との距離が縮めることができたという。
継続することで変化が生まれるのだ。

Fintechではエコシステムで戦っていくべき

最後に現在のFintechブームといえる現状で、どう戦っていくべきか松本氏は語った。
現在の日本のFintechにおいては、松本氏が証券市場をガラッとゲームチェンジさせたような、大胆な変化は起きにくいのではという。
その理由として規制や国の保護などから、敷居が高いことが挙げられる。

ただし、この敷居の高さが他のプレイヤーの参入を妨げ、ライバルが少ない要因にもなっている。
銀行と正面からぶつかるのではなく、マネックスベンチャーズをはじめとする金融系VC、Finolaboをはじめとする起業支援組織と上手く協力し、スタートアップのエコシステムを活用し戦っていくべきだと松本氏は語った。

16年前にマネックス証券が起こした、証券取引のオンライン化というゲームチェンジ。
スタートアップのエコシステムを活用し、今後銀行をはじめとする金融業界のゲームチェンジを起こすプレイヤーは現れるのだろうか。

関連キーワード
イベントの関連記事
  • Trend Note Camp #6 インドのFinTech レポート
  • ”今さら聞けないFintech"セミナー、開催!
  • ビットコインに注目する人が集まるイベント、知ってる?
  • FinTech Innovation Awards 2016の最優秀賞はClear Scoreに!
  • グロービス堀氏率いるG1、G1ベンチャー2016を開催
  • みずほ銀行がPepperハッカソン「MIZUHO.hack」を開催
おすすめの記事
”Venmo”に見る未来の決済事情
コラム
"Please venmo me!" 最近、アメリカのパーティーシーンで聞かれるこの言葉。 何を意味するかご存じだろうか。 ◼︎後日精算した...
Fintechとは
Fintechとは
Fintechとは Fintechとは、「Finance(金融)」と「Technology(技術)」を掛け合わせた造語です。 金融におけるI...
Fintechユニコーン、どの分野に集中?
コラム
最近、ベンチャー関係者の中で人気のワードの一つである「ユニコーン」。 企業評価額が10億ドル(約1,000億円)以上の企業を指す。 一角獣の...