• サービス紹介
    保険をコスパという観点で手軽にチェックできる「Hospa」
    2017年3月22日
  • サービス紹介
    スマホで写真を送るだけ?注目のInsurtechスタートアップCover
    2016年6月12日
  • インタビュー
    【マネーフォワード】瀧氏が構想するFintechが実現する未来とは
    2016年6月19日
  • ニュース
    知ってた?あの大企業もFintech参入を検討
    2016年6月15日
3メガバンクのSNS施策を比較!(1)キャラクター・Facebook編

最近、日本の中では誰もが交流に使うようになったLINEやFacebook。

海外の若者勢には、写真共有アプリのインスタグラムや
送付して数秒以内に写真データが消滅する写真アプリのsnapchatなどが人気になっている。

最近では大企業もアカウントを開設するようになった昨今。
3メガバンクのSNS施策を比較してみた。

本記事は2部構成となっており、
第1部ではキャラクターとFacebook、
第2部ではLINEでのレスポンスについて述べる。

キャラクター比較

各行、親しみやすさ向上のためか、SNSアカウント開設とともに
キャラクターの作成、公開を行っている。
それぞれ各行の行名やコーポレートカラーを意識しているようだ。

1:三菱東京UFJ銀行 - アカギさんとしろまる
赤い熊のアカギさんと、白い犬のしろまる。
2匹ワンセットで紹介されていることから、
今後は2匹が会話しながら、金融について解説するページなどが設けられるのだろうか。

アカギさんとしろまる

2:三井住友銀行 - ミドすけ
緑色のカワウソ、ミドすけ。
キャラクター紹介ページが用意されている。
ちょっと不器用でどじょう鍋が好き、となんとも可愛らしい設定。
パパすけ、ママすけ、じぃすけ、ばぁすけなど家族設定も充実。

ミドスケ

3:みずほ銀行 - はり田みず吉
おそらくはハリネズミのキャラクター、はり田みず吉。
ニックネームはみずっち、だそうだ。

mizuho2

三菱、三井がコーポーレートカラーの赤と緑で攻めた中、
みずほはキャラクターに青は使用せず。
LINEの公式キャラクターとのことで、紹介ページには青がふんだんに使われている。

キャラクター活用の上手いSMBC、真面目なUFJとみずほ

3行とも、Facebookアカウントはすでに開設しており、定期的な投稿もされている。
一方で、内容には大きく差があるようだ。

以下は三井住友銀行のFacebookページ。
キャラクターのミドすけが情報をお伝えしていく形式となっている。
キャラクターによる日記のような投稿もあり、
子供や女性にも親しみやすい構成を心がけたようだ。

midosuke

一方、三菱とみずほは、普通の行員によるFintechを交えた更新情報。
「中の人」が書いていることがわかる、大人向けのページになっている。

mitsubishi

mizuho

三井住友銀行Facebookページ:https://www.facebook.com/smbc.jp/
三菱東京UFJ銀行Facebookページ:https://www.facebook.com/bk.mufg.jp/
みずほ銀行Facebookページ:https://www.facebook.com/mizuhofg

第一弾では、キャラクターとFacebookについてお伝えした。
次回はLINEの活用度についてお伝えしたい。

関連キーワード
コラムの関連記事
  • 「お釣りで投資」は日本で広まるのか。2017年春に2サービスがリリースへ!
  • ポストFintech?不動産techの持つ大きな可能性を探ろう
  • 3メガバンクのSNS施策比較⑶Twitter & You tube
  • 3メガバンクのSNS施策を比較!⑵LINE編
  • 3メガバンクのSNS施策を比較!(1)キャラクター・Facebook編
  • いま、おすすめの資産運用「DC×ロボアド」(2)
おすすめの記事
ロボアドバイザー
Fintechの種類
ロボアドバイザーとは 証券会社の窓口にいかねば、よくわからなかった資産運用。 日本では投資信託の銀行窓口販売が、規制緩和により解禁になってか...