• サービス紹介
    スマホで写真を送るだけ?注目のInsurtechスタートアップCover
    2016年6月12日
  • ニュース
    知ってた?あの大企業もFintech参入を検討
    2016年6月15日
  • インタビュー
    【マネーフォワード】瀧氏が構想するFintechが実現する未来とは
    2016年6月19日
  • サービス紹介
    保険をコスパという観点で手軽にチェックできる「Hospa」
    2017年3月22日
いま、おすすめの資産運用「DC×ロボアド」(2)

ロボットアドバイザーは利用者の回答の結果、
ユーザーに適したETF(上場投資信託)の組み合わせが示される。

前記事にて紹介した確定拠出年金(DC)が「自分で決める」特色を持つのに対し、
ロボアドはまさに「すべてを決めてくれる」。
気持ちがいいほど正反対のポジションを持つ。

さて、投資の世界では、それが最も「リスクが低い」といわれている。
ロボアドはユーザーの投資意向が変わるなかで、
さまざまな意思決定や手続きを「丸投げ」できるのが魅力。

たとえば投資に興味があるひとりの人間のなかでも、
仕事や生活の状況で、「投資に多くの時間を割くことができる時期」と、
「評価益(評価損)を見るも、実際の売買にはなかなか手がつけられない時期」があるだろう。

その時にロボアドの動きを「ペースメーカー」に、
DCに積み立てる資金を「運用」するといい。
あまり手を付けられないタイミングではローコスト方向に、
将来的な受取額増加に向け、しっかり頭を働かせたいときは前のめりのアクティブ投資に。
一人の投資のなかでこれだけの意思決定が働くのは、
リスク分散の観点からもとても望ましい。

まさに、ロボアドを使った賢い資産運用の方法といえるだろう。

今後、大手の金融機関によるロボアドサービスへの新規参入も予定されている。
お気に入りのロボアドサービスを定め、かつDC型の運用に取り込むことで
「資産運用リテラシー」を上昇させていく。

金融機関や証券会社に資産を預け、「増えないかな」と羊を数えて
待つのもひとつの方法だが、「DC×ロボアド」は少し近未来的な匂いもするうえに、
ドキドキ感を持てるかもしれない。

コラム, 資産管理の関連記事
  • 「お釣りで投資」は日本で広まるのか。2017年春に2サービスがリリースへ!
  • ポストFintech?不動産techの持つ大きな可能性を探ろう
  • 3メガバンクのSNS施策比較⑶Twitter & You tube
  • 3メガバンクのSNS施策を比較!⑵LINE編
  • 3メガバンクのSNS施策を比較!(1)キャラクター・Facebook編
  • いま、おすすめの資産運用「DC×ロボアド」(2)
おすすめの記事
”Venmo”に見る未来の決済事情
コラム
"Please venmo me!" 最近、アメリカのパーティーシーンで聞かれるこの言葉。 何を意味するかご存じだろうか。 ◼︎後日精算した...
楽天が英Fintech企業へ16億円を出資
ニュース
2015年にFintech系の投資ファンド運用を始めた楽天。 その規模、約100億円となり、今回がそのファンドからの初案件となる。 投資先は...