• ニュース
    知ってた?あの大企業もFintech参入を検討
    2016年6月15日
  • インタビュー
    【マネーフォワード】瀧氏が構想するFintechが実現する未来とは
    2016年6月19日
  • サービス紹介
    保険をコスパという観点で手軽にチェックできる「Hospa」
    2017年3月22日
  • サービス紹介
    スマホで写真を送るだけ?注目のInsurtechスタートアップCover
    2016年6月12日
ブロックチェーンと関連、「R3コンソーシアム」って何?

ブロックチェーンに興味がある人の場合、
最近「R3コンソーシアム」という言葉をよく聞くと思われる。

一体なんなのか?と思っている方も多いかと思う。
今回は「R3コンソーシアム」について解説する。

世界の金融機関が参加するワーキンググループ

「R3コンソーシアム」とは、米JPモルガン、米シティグループ、英クレディスイスなどが参加する
「ブロックチェーン」から派生した暗号アプリケーション、
分散型記帳による、金融市場効率化に取り組むワーキンググループである。

2年以内に、既存システムと統合できるブロックチェーンを作り上げることを目標とする。

2015年9月に発足。現在は40超の金融機関が参加する。
邦銀からは、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行の3メガバンクが参加。
野村ホールディングスも参画しており、今年に入ってからはSBIホールディングスが加わった。
直近では、ING、ウェルズ・ファーゴ、BNPパリバなども参加。

R3は米国のスタートアップ

「R3」というのは、アメリカ・ニューヨーク発のスタートアップ「R3CEV」のことである。

ブロックチェーン技術に強みを持ち、同社の呼びかけによって
R3コンソーシアムが結託された。

R3

広がる応用範囲

金融機関が想定している、ブロックチェーンの応用範囲は
OTC(Over the Counter)デリバティブ(相対取引)、決済、シンジケートローンなど
様々な業務に渡る。

今年の4月に入ってからは、米Microsoftと戦略提携を結んだ。
R3が、同社の提供するパブリッククラウド「Microsoft Azure」を優先的に用いることとなる。

今後の展開に引き続き注目だ。

関連キーワード
  • 仮想通貨を規制する法律「改正資金決済法」について整理
  • ブロックチェーンと関連、「R3コンソーシアム」って何?
  • 今更聞けない?ブロックチェーンの仕組みとP2P技術
  • ビットコインに注目する人が集まるイベント、知ってる?
  • 押さえておこう、ブロックチェーンの主要2団体
  • 【プレスリリース】「デジタルコインの世界市場2016-2020」調査レポートを取扱開始
おすすめの記事
Fintech Mediaとは
このサイトについて
Fintech Mediaはどういうメディアか Fintech Mediaは国内外のFintech(金融とITによるスタートアップ)情報をま...